人工木、樹脂デッキ、合成木材ウッドデッキの通信販売。地球環境に優しい究極のエコデッキ材。腐敗の心配、ササクレの心配が要らない、メンテナンス不要のウッドデッキ。

  • ハンディウッド
  • ハンディウッド部材説明

    『 人工木材って部材が多くて、
    デッキのつくり方が良くわからない…』

    そんな悩みにおこたえして登場したのがハンディウッドです!!ここでは、様々な施工例といっしょに各部材の説明をしていきます。

  • >> 床材 ・・・「開」と「閉」の2種類があります
    >> 根太、柱 ・・・ 様々なタイプがあります。
    >> 幕板 ・・・おすすめランバー材を紹介。
    >> パネル ・・・女性でも手軽に施工できます

ハンディウッドの床板用の材には、大きく分けて2種類あります。
材の側面に溝があるものを開、溝の無いものを閉と呼びます。

  •  『 閉 』の材をお使いの際には、脳天ビス止めの施工方法になります。


  •  『 開 』をお使いの際には、以下の工法での施工が可能になります。
  • ■QCS(クイック・クッション・スクリュー)工法

    ハンディウッドの床板を止めるためのクリップには2種類あります。 根太材が金属の場合は金属用、木材(ハンディウッドを含む)が根太の場合は木根太用をご利用頂けます。

    下図のようにクリップで簡単に施工が可能です。
    人工木材の場合熱による伸縮が起こる可能性がありますので、材に直接負担が掛かる脳天ビス止めよりもクリップでの施工がお勧めです。


  • ■QGP(クイック・グリップ・プレート)工法

    ハンディウッドの目玉!ベランダ施工なら絶対この方法!とっても簡単、工具・ビス要らずです!


    並べて、はめ込むだけです。
    実に簡単・お手軽・早い!
    ベランダにいかがですか?
    床材などに使用するエンドキャップ
    取り付け方法はこちら(PDF)
    >>キャップ取り付け方法

▲ページTOPへ


並べて、はめ込むだけです。
実に簡単・お手軽・早い!
ベランダにいかがですか?

 根太 

根太ピッチさえ400mm以下にして頂ければ、かなり幅の広い施工が可能です。
自由にオリジナルの根太を作ってみるのも面白い。DIYの醍醐味ですね。


※写真クリックで拡大

 柱 

柱もかなり自由な施工が可能です。下で紹介した柱の施工方法はほんの一例。
天然木のようなムクの50×50や100×100の材もあります。


※写真クリックで拡大

※写真クリックで拡大
25mm厚の材(閉)。
4枚ビスで止めて100mm厚の柱が完成!
しかも、根太材を受け入れる加工までされてます。 DIYおそるべし。
こちらは、鍵が付いてます。
ハンディウッドなら天然木、同様の多種多様な施工が可能です。腕の見せ所です!!

▲ページTOPへ

幕板にはランバー材がおすすめです。
大きさも豊富で随所で活躍してくれます。
ちなみに…材の幅は150,125,100,75,50mmと豊富です。
使い方次第で、色々できます。


※写真クリックで拡大
上の写真。こちらもすごいです。ランバー材を使ってルーバーフェンスを施工した施工写真です。
これぞハンディウッドならでは。初心者から上級者まで楽しめる材です。

ハンディウッドには、色やデザインの豊富なパネルがあります。女性でも手軽に施工が可能です。

敷き詰めるだけでベランダが生まれ変わります。四隅にはコナーピースを設置可能です。

水はけも良く、強風に対する工夫もされております。

ハンディウッドは、従来の樹脂デッキは高いというイメージを覆しました。
体積の70%を木が占めるため、天然木を思わせるナチュラルな質感です。カラーも4色と豊富です。


草花も喜ぶ、ハンディウッドパネルならではの秘密

腐らないハンディウッドだからこそできることです!
コンテナをパネルの間に入れるだけでベランダで、お庭で簡単に家庭菜園を楽しめます。
まさに、技ありの一品ですね。

TEL. 047-470-9174
FAX. 047-470-9179
お問い合わせフォーム »
枕木はこちら